離婚した後の生活を考えるとお金がない現実が見えてきて、不安で離婚できない…

そんな悩みを抱えているのは一人だけではなく、大勢います。

特に、子供もいる場合は離婚した後に待っている生活に対して余計に不安になってしまいますよね。

ですが、お金がないことが理由で離婚することを諦める必要はありません

離婚したいと決意したのであれば、今日から離婚後の生活をできるだけ明るくできるように行動しましょう!

離婚する時にかかるお金や得られるお金についてまとめましたので、ご紹介します

離婚するにはどのくらいお金がかかるの?

1.引っ越し資金

 

パートナーと一緒に暮らしている場合、新居に移動するのであれば

  • 引っ越し資金
  • 敷金礼金
  • 最低限の家具家電

は必要になります

引っ越しのシーズンや住む地域によっても異なりますが

数十万円と考えておきましょう。

2.新しい仕事を始めるまでの
生活費・学費(子供がいる場合)

引っ越しをして仕事を変える場合は新しい仕事が落ち着くまでは貯金で暮らす必要があります

働き始めてすぐにでもお金をもらえる仕事は少ないので、ある程度の貯えが求められるのです。

そして、子供が転校するならば

  • 新しい制服
  • 教材の費用

もプラスで必要です。

3.弁護士を雇う場合はお金がかかる

離婚に関しての書類や手続きを弁護士に頼む場合は数十万円かかるとされています

高額とも言える弁護士を雇うメリットには、夫婦の間に入って代行をしてくれるので

直接的に相手と話し合う必要は無くなることがあります。

顔を見合わせなくて良いので感情的にならず冷静にあなたの意見を伝えることが出来ます。

また、第三者の視点から専門的な知識をもとに提案してくれるので、精神的な安心感は得られるでしょう。

法律に詳しいプロがいることで前向きに手続に関して取り組むことが可能です

以上の3点を踏まえると、離婚することでたくさんのお金が必要になることが理解できます。

離婚を決意した瞬間から、これからの生活のためにお金を貯めることは頭に入れておくべきでしょう

離婚すると手に入るお金について考えてみましょう

慰謝料

離婚の原因は相手側にあることを証明することで得られる損害賠償が慰謝料です

慰謝料は離婚するすべてのケースに当てはまるのではありません。

  • DV
  • モラハラ
  • 浮気

などで

  • 精神的
  • 肉体的

に傷つけられたので離婚を選択したという

「証拠」を提示しなければなりません

離婚の原因によくある

  • 価値観の違い
  • 性格の相違

では慰謝料は得られないので注意です

あなたの離婚の原因は相手側に一方的にあると言えるのか、一度考えてみましょう。

財産分与

結婚生活をスタートさせてから夫婦で協力して得た財産を離婚の際にそれぞれに分けことをいいます

例えば…

  • 夫婦共同の名義で購入している不動産
  • 結婚生活の時に使用した家具

などが対象になります。

また

  • 夫婦どちらか一方の名義の貯金
  • 自動車

など結婚生活において2人で協力して得た財産は財産分与として扱われます。

反対に、財産分与とならないものには、

  • 結婚する前から貯金していた定期預金
  • 結婚してから得た両親からの相続

などがあります。

財産分与を行うのは離婚と同時にするのが基本です
離婚したあと2年以内までなら請求することが出来ます

しかし、新しい生活に慣れていない時期に財産分与を同時にするのは難しいでしょう。

ですので、離婚する時に財産分与はきっちり行うほうが良いのです。

養育費

子供の親権者になる場合は子供が20歳の成人になるまで養育費を得られます

養育費の金額は夫婦の収入や子供の人数によって異なり、家庭裁判所の取り決めに基づいて決定されます。

「養育費をもらえるなら子供は育てられる!」と安心したいのですが、

実際のところ養育費を得られていないシングルマザーは8割にものぼる現実があるのです…。

こうならないためには…

子供がいる場合は裁判所を通じて離婚し、養育費の取り決めに効力を持たせることが重要です

裁判所を通じて取り決めをしていれば、もし相手側が支払っていない時には

  • 差し押さえ
  • 履行勧告

といった法的な手段を取ってもらえます。

話し合いだけの協議離婚の場合は
法的な効力がないので、養育費を払われない状態を受け入れるしかなくなってしまいます

また、離婚した後に養育費に関して取り決めをしておけばよかった…

という人でも大丈夫です!

子供が20歳に達していない場合は
離婚が成立した後でも、家庭裁判所を通して取り決めることが可能です

年金分割

夫婦が払っていた厚生年金保険料を分割することです

年金分割は離婚する時に相手側に請求できるお金で、夫が支払っている保険料の一部を得られると法律では定められています。

子供がいる場合に得られる手当

母子家庭を支えるための助成金はたくさんの種類があります
  • 児童扶養手当
  • 児童手当
  • 就学手当
  • ひとり親家庭手当
  • 住宅手当

手当は各市町村によって金額制度が変わってきます。

離婚によって新しく市町村に移り住む場合は

自治体の支援制度にどのようなものがあるか

チェックしておきましょう

分らない場合は役所にて担当の人に確認すると良いでしょう。

お金の取り決めは大切!

はやく離婚をしたい気持ちが前に出過ぎてしまうと、得られるはずのお金がもらえないことになるおそれも…

精神的に耐えられる生活なのであれば、今すぐにでも離婚と急がずに準備を進めましょう。

離婚時に取り決められる

  • 慰謝料
  • 財産分与

などは

法律で保障されている権利なので、細かく取り決めを行うことが大切です

お金の不安を無くすために、今日からできること

働いてお金を稼ごう

今すぐにでも離婚する必要がない(DV・モラハラ)場合は

離婚するまでにお金を貯金しておくことが大切です。

いままで専業主婦だったのに、急にキャリアウーマンになることは難しいとしても、自分にできる範囲で収入を増やすことをしましょう

ハローワークには職歴がなく子供がいる母親の就職活動をサポートしている

「マザーズ・ハローワーク」という部署もあります。

ハローワークには子連れでも来やすいように託児所が設置されている施設もあるので足を運びやすいです。

仕事をしながら育児もできるように子供との生活を考えて、自分がしたいと思える仕事にチャレンジしてみてくださいね

ハローワークでは希望の条件を伝えると、条件に沿った仕事を紹介してくれます
  • 時間の融通がきく
  • 平日のみ
  • 夕方まで

などあなたが

働きたいと思える仕事の条件を考えておきましょう。

経済的な余裕が少しでも持てることによって

心にも余裕が生まれるので、離婚後の生活を明るくイメージすることにも繋がるのです。

両親のサポートは得られますか?

子供が風邪や病気になった時にすぐに頼れる家族がいると、精神的にも安定しやすいです

もし両親からのサポートが得られるのであれば、育児や家事を手助けしてもらうことも考えましょう。

実家がOKしてくれているのであれば一度、自立できるまで実家に戻るという方法もあります

お金がないから我慢し続けるのではなく、出来ることから行動しましょう!

離婚した後の経済的な不安から離婚に踏み切れない女性は多くいます

ですが、お金がないという理由で辛い状態に耐えるのではなく、

どうすれば離婚した後の生活が明るくなるか?

と、考えましょう。

離婚したい!と決意したその瞬間から出来ることはたくさんあります。

引っ越し先を選んだり、子供の支援制度について調べたり、働き口を探したりなど自分が出来ることから無理せず行動に移していくことが大切です。